aカップ

aカップの悩み

aカップの女性はそれがコンプレックス?

女性はバストのことで悩まれる方が多いようです。1番気になるには、やはりサイズでしょうか。
特にaカップの女性というのは、それだけで劣等感のようなものを感じる方もおられるようです。aカップというと、どうしても「小さい」というイメージができてしまいますし、見た目にも、もう少しバストがあった方が女性として魅力的だと感じる方も多いようで。
そういう女性のためにも、いろいろな豊胸術がありますよね。随分前からサプリや胸を大きくするための下着等が販売されていました。胸を大きくしたいという悩みを抱えている女性は昔も今も同じかもしれません。

 

理想のバストサイズにならないと恋愛できない?

女性でも、それぞれに理想のバストのサイズはあると思いますが、aカップの方は胸が小さいという理由で、恋愛にも消極的になってしまう傾向にあるようです。胸が小さくて、それが理由で恋愛する資格がないとまで言うかたもおられます。胸が小さいからと言って、恋愛する資格がないというのはおかしい、そんな事はないと誰でも思うのではないでしょうか。
ですが、当人にとってはそのように感じるぐらい胸が小さいというのは大きな悩みになる場合があります。
bカップが理想の方もいれば、cカップ、もっと大きいサイズが理想の方もいると思います。上手にバストアップできる方法があれば、それでバストアップさせて、自分に自信が持てることに繋がるかもしれません。そして、やはりどんな胸のサイズの方でも恋愛をする資格はあります。胸が小さい等のコンプレックスから早く開放されて、恋愛も楽しめるようになれるといいですね。

 

aカップの女性の比率をご紹介

バストのサイズで悩む女性が多いようですが、特にバストにコンプレックスがあるのはaカップの女性のようです。実際にはaカップの女性はどれぐらいの比率なのでしょうか。比率にするには少し難しいですが、大手下着メーカーが比率を発表していますので、そちらを参考に見てみたいと思います。
例えば、日本人女性のバストサイズでaカップというのは、1980年代や1990年代には圧倒的に多かったようです。それが2000年頃になると、bカップ、cカップの比率の方が多くなってきます。やはり、時代が変化していき、食生活も欧米化していくにつれて、日本人のスタイルも変化してきたからでしょう。
ある下着メーカーの調査のデータによると、2004年の時点でaカップは全体の10パーセント、bカップとcカップはそれぞれ27パーセントと発表されています。このあたりから、aカップの人が悩み始めたのかもしれません。
2004年からでは現在はもう9年も経っていますし、更にaカップの人は減っているかもしれません。比率が少ないと感じると、余計にコンプレックスに感じてしまうかもしれないですが、最近はいろいろなバストアップの方法もありますから、試していただきたいです。

 

昔と今ではバストの感覚が違う

昔はaカップが主流で、バストのサイズが大きい方が逆に隠すようにしていたと言います。今とは全く逆のことが起きていたんですね。時代の変化と共に、今はバストアップを目指す女性が増えています。不思議なことのようにも感じます。バストのことで悩んでいる方も多いかもしれませんが、いろんな方法を試しながらあまり悩まずに過ごしていただきたいですね。

 

 


大人気サプリ!レディーズプエラリア99%